MENU

キャッシングで即日融資を受けるには?

キャッシングの即日融資は、急なお金の入用のときに非常にありがたい存在になります。
まとまったお金をすぐに準備できる方は、おそらく限られているでしょう。
日常生活においての急な出費に対応できる「即日融資」のキャッシングは、今や金融商品においても主力の地位をしめるまでに成長しています。

 

しかし、誰でも、どのような状況でも「即日融資」を受けることができるわけではありません。
「即日融資」を受けるには、それなりの条件が必要になってきます。
ここでは「即日融資」を受けるために必要な事柄について考えてみましょう。

 

審査がスムーズに進むこと。

キャッシングの利用においては、必ず審査に合格しなければいけません。
それは「即日融資」においても同様です。
審査に合格するには、返済能力その他に問題がないことが条件になってきます。
例えば収入が少ない場合や、他社に多くの借入がある場合には、審査を行う担当者も考え込んでしまうことになります。
その結果「即日融資」が受けることができないばかりか、審査そのものに合格することが困難になります。
「即日融資」を受ける場合には、自分に絶対的な自信を持って臨みたいものです。

 

申込内容に不備がある。

意外に多いことですが、申込内容の記載誤りが多く見受けられるようです。
自分の住所や勤務先、借入状況を誤って申告してしまう場合が、かなり多く報告されています。
単純な間違いでも、確認作業に遅れを生じてしまい、結果的に審査の回答に悪影響を与えてしまいます。
それどころか、確認がとれなければ審査自体が不合格になってしまうこともあります。
急いでおられる方ほど、慎重に、記載した申込内容は何度も見直すようにしましょう。

 

審査書類が準備できない

キャッシングの審査には、必要な書類があります。
まず運転免許書や健康保険証、パスポートなどの「本人確認書類」は必ず必要になってきます。
次に、源泉徴収票や所得証明書などの「収入証明書」も必要になります。
「収入証明書」については、申込金額によっては不要なケースもあります。
いずれにしても、これらの必要書類を準備できなければ、審査が前に進みません。
その結果即日融資を受けることができずに、翌日以降にずれ込んでしまうことも十分にありえます。

 

特に「収入証明書」は急に準備できない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
急な出費に備えて、普段からこれらの書類をすぐに準備できるようにしておくことも必要なことなのかもしれません。

 

申込時間帯が……

いくらなんでも深夜の11時頃に申込んでも、その日の内に融資を受けることはできません。
取扱会社や商品内容によって異なっていますが、通常は平日の13時頃までには申込を完了しておく必要があります。
土日・祝日や年末年始も審査を行わない場合がありますので注意が必要です。
不安な方は、担当者に問い合わせてみるといいでしょう。

 

現在のキャッシングは、「即日融資」が当たり前の状況になってきています。
各社とも「即日融資」可能であることを大きくアピールするようになりました。
「即日融資」は、普段の生活上のピンチを救ってくれるありがたい存在です。
そのためにも、以上の点に注意しながらキャッシング即日融資サービスを十分に活用していきたいものです。

借入比率

借入比率は、借入金比率やLTV(Loan to Value)とも呼ばれ、資産の総額に対して、社債や借入金等有利子負債額が占める割合のことです。企業の借入金返済の安定度を測定するための指標であり、金融機関が企業に融資をするとき、または、投資家が資産担保証券などの投資をするときにも、この比率を重要視します。

 

一般に、借入比率の計算式は次のとおりになります。『 借入比率 = 有利子負債 ÷ 総資産 』この数値が大きくなればなるほど、借入金返済の安定性が損なわれていると考えられますが、自己資本に対する利益率が高くなることもあり、レバレッジを効かせて経営しているともいえます。なお、借入金が増えることにともなって、金利上昇時のリスクも高くなりますので、借入比率の上限を自主的に設定している企業も見受けられます。

 

また、借入金比率には、企業の当座の返済能力を測定するための指標である「預金対借入金比率」や、企業が保有している借入金の規模が、身の丈に合っているのか測定するための指標である「売上高対借入金比率」などもあります。「預金対借入金比率」の計算式は次のとおりになります。

 

『 預金対借入金比率 = 現金預金 ÷ 借入金 』です。企業が保有している借入金に対して、現金預金が占める割合であり、当座の返済能力といえます。「売上高対借入金比率」の計算式は次のとおりになります。『 売上高対借入金比率 = 借入金 ÷ 売上高 』です。企業が保有している借入金の規模に対して、現在の経営能力で適切であるのかを測定することができます。

借入印紙

契約書や領収書に印紙が貼られていたり、貼られていなかったりしますが、何を基準にして印紙は貼られるのかについて、明確に知っている人は少ないでしょう。印紙を貼るべき書面は、印紙税法によって定められています。印紙税法によって、印紙が必要であると定められた書面のことを課税文書と呼びます。課税文書を作成するときは、税金を納めなくてはなりません。税額分の印紙を貼ることで、税金を納めることができるのです。

 

そして、金銭の貸し借りなどに関する契約には、「消費貸借に関する契約書(第1号の3文書)」が必要になりますが、この契約書は課税文書なので、収入印紙が必要です。注意しなければならないのは、契約書の作成時点で印紙を貼る必要はありません。

 

民法による契約とは、「契約の申込みとその申込みに対する承諾があって、初めて成立する」と規定されていますので、契約の成立時に印紙を貼るようにしましょう。借入申込書を作成して、借り入れの申し込みをしただけでは、契約は成立していないので、その時点では収入印紙は不要となります。

 

また、印紙税法では、「債務の保証に関する契約書(第13号文書)」も課税文書としています。そのため、この契約書で契約をするときも印紙が必要になります。「債務の保証に関する契約書(第13号文書)」とは、連帯保証人が必要な借入申込書のことです。連帯保証人が署名押印をしなければならない借入申込書は、印紙を貼らなければなりません。

 

ただし、連帯保証人自らが署名押印した借入申込者に関しては印紙が必要ですが、単に連帯保証の予定者について、その者の住所と氏名を記入しただけの書面は、収入印紙は必要ありません。